MAPEIが誇る CO2吸収型資源リサイクル造粒ポーラスコンクリートサイクリングロード
MAPEI引以為傲的CO2吸收式資源回收顆粒多孔混凝土自行車道
「STRADE BIANCHE」

1990年代から2000年代にかけ、自転車ロードレースで世界にとどろく数々の伝説を残した最強チームのスポンサーMAPEI®がエロイカジャパンの協賛を決定!

イタリアに本拠を置く世界的建築資材企業MAPEI®はエロイカジャパンの協賛を決定した。エロイカジャパンの開催地となる伊豆の国市にはMAPEI社大成ロテック社らの画期的な技術が盛り込まれたCO2吸収・資源循環「造粒ポーラスコンクリート」が舗装された「STRADE BIANCHE」が、我が国初の環境配慮型サイクリングロードとして、その活用が進められている。
總部位於義大利的全球建築材料公司 MAPEI® 決定贊助 Eroica Japan。 在 Eroica Japan 的舉辦地伊豆之國市,採用吸收 CO2 並回收資源的“粒狀多孔混凝土”鋪設的“STRADE BIANCHE”,融合了 MAPEI®大成 Rotec 的創新技術,是日本首創。作為環保自行車道的利用正在取得進展。


STRADE BIANCHEに使用された造粒ポーラスコンクリートは建築において廃材とされる残コンにCO2を固定化したもので、現在世界的にも注目を集める非常に画期的な新技術だ。
STRADE BIANCHE使用的顆粒多孔混凝土是將建築廢料中的二氧化碳固定在剩餘混凝土中製成的,是一項極具開創性的新技術,目前正在引起全世界的關注。


大会のコンセプトとして環境保護意識啓発と持続可能性の追求に積極的な取り組みを進めているエロイカジャパンは「STRADE BIANCHE」を大会を象徴する重要なシンボルと捉え、10周年となる2024年大会の全ルートに「STRADE BIANCHE」を採用した。エロイカジャパンは今後はMAPEI社との結びつきを更に強め、伊豆半島の顔ともいえる「狩野川サイクリングロード」の環境保全や造粒ポーラスコンクリートの普及振興について積極的な取り組みを進める。
イタリア語で「白い道」を意味する「STRADE BIANCHE」は太陽光吸収率が低く、路面温度が低いのも一つの特長だ。サイクリングは地球温暖化と環境破壊の影響をダイレクトに受けるスポーツの一つ。日々高まっていく地球の温度変化に直接さらされ、その苦痛と問題の深刻さに憂慮に胸を痛めているサイクリストは少なくないはずだ。エロイカジャパンのサイクリストたちはぜひ「STRADE BIANCHE」に立ち止まり、その涼しさと環境保全意識の大切さを実感して欲しい。

Eroica Japan將積極倡導環保意識、追求永續發展作為賽事理念,認為「STRADE BIANCHE」是賽事的重要標誌,將參與2024年的所有賽事,這將是第10屆賽事週年紀念日。採用「STRADE BIANCHE」作為路線 今後,Eroica Japan將進一步加強與馬貝的聯繫,積極推動伊豆半島的門面鹿野川自行車道的環境保護以及粒狀多孔混凝土的普及。
“STRADE BIANCHE”在義大利語中意為“白色道路”,陽光吸收率低,路面溫度低。 自行車運動是直接受全球暖化和環境破壞影響的運動之一。 有許多騎自行車的人直接暴露在不斷加劇的全球氣溫變化中,並擔心問題的痛苦和嚴重性。 來自 Eroica Japan 的騎乘者一定要到 STRADE BIANCHE 去感受一下它的涼爽和環保意識的重要性。

グローバルスポンサー


Eroica Japan 2024 イベントスポンサー

TOP
Translate »