フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち-【レビュー】

エロゲー

サークル「ジュッカクゲームス」の作品である、フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち-のレビュー。

フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち-【基本情報】

主人公であるあなたは『冒険者』だ!
あなたは無尽蔵にアイテムが発掘されるダンジョンの街、ヴェリアプールへとやってきた。
ここには数多のアイテムを求めて冒険者が集い、商人が集まり、奴隷屋なんてのまで寄ってくる。
――さあ、あとはすべて、あなたの冒険だ。

基本システム

基本的なシステムはあるが、主人公の設定を敢えてなくしていたり、ヒロインは特殊パラメータがあったり、着せ替え可能だったりと、とても自由度が高い。

主人公のキャラクターエディット

名前入力可能な、主人公=プレイヤーの分身となるタイプのゲームです。
そのため、作中には一切主人公のセリフはなく、想像力を刺激する構成になっています。

このゲームの主人公は男性の冒険者であること以外の設定がありません。
見た目はゲーム開始時のエディットシステムによって自由に設定できます。
また、プレイヤーが用意した画像を顔グラフィックとして読み込むことも可能です。

メインヒロインの調教

メインヒロインの「トルテ」と「ファノ」は、序盤でパーティに入る奴隷少女です。
好感度や羞恥心などの特殊パラメータがあり、着せ替え可能です。

宿屋を借りるか、自分で建てた家の部屋で自由にエッチなことが可能です。
奴隷少女たちは最初は主人公であるあなたを嫌っていますが、好感度が上がると態度が変わります。

好感度が低く嫌われている状態でも、淫紋や快楽系の調教を駆使すると、
『拒絶絶頂』が発生し、特殊なエッチシーンになります。
『拒絶絶頂』を繰り返せば、女の子たちはあなたを好きになっているでしょう。

プレゼントを駆使して処女のまま好感度を上げることも可能です。
どのやり方で女の子と接していくか、それはご主人様であるあなたの自由です――!

サブヒロインとのイベント

トルテとファノのほかに仲間になるサブヒロインが4人、それ以外のサブヒロインが5人登場します。
サブヒロインたちにもすべてHシーンがあります。
和姦もあれば凌辱もありますが、すべて主人公であるあなたによるHシーンです!

ダンジョンの探索

トルテやファノとの調教プレイや、衣装の入手、サブヒロインたちとのイベント進行のためにはダンジョンに潜りましょう。
ダンジョンの敵を倒すとランダム宝箱がドロップします。
このゲームの強力な武器は宝箱から入手するものばかりです。
序盤からレアアイテムが登場することもあったりと、熱中できるRPGになっています。

エロシーン

すべてのヒロインは、すべてのシーンでフルボイス。

声優は、森野めぐむ / 暁鞠子 / 犬飼あお / 綾奈まりあ / 西浦のどか / 涼貴涼 / 分倍河原シホ / 森本みずかの計8名。

聴いていただければ、好きな声優もきっといるはず。個人的には、あの声優がくぎゅっぽかったように思う。

難易度

難易度に関しては、少し高めに感じている方も多いようだ。

装備による属性システムをあまり理解せずにすすめて、レベルや魔法でゴリ押ししていたからかもしれないが、著者としてはちょうど良い難易度だった。

攻略の選択肢は複数あり、自由な発想でプレイできるということでもあるので、自分のプレイスタイルをつらぬくことができる。

プレイ人数も多く、RPGとしての完成度も高いことから、攻略サイトは複数あるので、情報には困らないだろう。

フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち-【レビュー】

フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち-のレビュー。

前作のタイトルは「Gate of Windnest -隷属の少女-」と、隷属の少女というサブタイトルがかぶっており、前作の約100年後のストーリーらしいが、前作をプレイしていなくてもまったく問題ない。

総プレイ時間は24時間ほど。ストーリーを読み飛ばして、クリアだけ目指すなら12時間ほどでクリアできるだろう。

本記事で紹介したシステム以外にも、ヒロインの日記が覗き見れたりと、かなり作り込まれており、やりこみ要素も多数存在する。

目立った欠点はないが、 (ジェム装備である程度半自動化できるが) 戦闘がほぼ手動だったり、移動速度が少し遅めに感じたりしたので、欲を言えば周回に対する配慮がほしかった。

ストーリーも引き込まれるものがあるし、腰を据えてプレイするぶんには何ら問題ない。

エロに関して言えば、コスチュームに関しては数が多すぎて無理だろうが、カスタマイズした髪型をエロ画像にも反映してほしかった。

(立ち絵は変わるが、エロ画像は初期の髪型固定)

結論として、エロも良いが、RPGとして見ても完成度が高い神ゲーだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました