Element Embrace エレメントエンブレイス【感想/レビュー】

エロゲー

突然、女神に「世界を救え」といわれ、親友と共に旅に出る少女の物語

少女の夢枕に突然現れた女神。
女神は彼女を勇者と認めて剣を与え、巫女と協力して「邪悪なるもの」を倒せと告げ消える……。

「そんなのあるわけないよね〜!」

国王の『加護』を受けなければ武器が威力を発揮できない管理社会。
彼女は受け取った剣を拾得物として届けに登城する。

■世界観
創世神「女神ファランドール」に創られたとする伝承の残る世界、『ファランドリス』で展開される正統派王道ファンタジーRPGです。
RPGパートとアダルトパートはある程度まできっちり分けられていますが、本編でもあまり油断していると……?

【レビュー】ゲーム内容はサクサク、でも不親切なところもある

絵柄は可愛く、ひとつひとつのストーリーは短めなのでサクサク進みます。

レベル上げはさほど重要ではなく、戦闘で得たアイテムを使ってパラメータを強化していきます。

ですが、一戦闘ごとの待機時間が長く感じ、爽快感はあまり感じませんでした。

主にエッチシーンは序盤にある、カルディア孤児院から南に進んだクロネコキッサ(娼館)で行うのですが、ディーナの初イベントシーンで嫌がってたけど、娼館では食い気味な性格になっていることもあり、感情移入はしづらい。

ひとつひとつのシーンは短めですが、キャラクターは可愛いので、声優で気になった人がいればチェックしてみてください。

Element Embrace エレメントエンブレイス【総評】

キャラクター、音楽、声優は良い。

だが、娼館システムは「とりあえず入れておけ」なところがあり、物語に入りづらいと感じた。

現在の進捗状況を確認する術がなく、Logもないのがとても残念。

エッチシーン目的で会話をスキップしたり、後日あらためてプレイするときに「次は何をするのか」がわからず、彷徨うことになる。

総プレイ時間は7時間ほどで、ボリュームは申し分なし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました